スポンサーリンク

双子を妊娠したとわかったときは、私の人生でいちばんの驚きと衝撃を受けたものですが、

さらに驚いたのが、

「双子はどこの病院でも産めるわけではない」ということでした。

妊活中から、どこの病院で産むかはいろいろ悩んで決めたのに、

「うちでは産めません」と言われた時はショックを受けたものです。

双子の病院選び

こんな病院で産みたいな、というポイントは人それぞれ優先順位があるかと思いますが、

双子を妊娠したとなると、まずは双子妊娠を受け入れている病院を選ぶことになり、

必然的に選択肢が狭まるので、必ずしも自分の希望通りの病院を選べないかもしれません。

双子を産める病院は限られている?

私も自分が双子を妊娠して初めて知ったのですが、

双子妊娠はハイリスク妊娠なので、どこの病院でも産めるわけではありません。

個人病院では受け入れられることは少なく、多くはNICUを持つ大学病院、総合病院へと転院になります。

病院選びのポイント

・双子妊娠を受け入れている

 当たり前ですが、そもそもその病院が双子妊娠を受けいれている病院であることが第一条件です。

 

・NICU等、新生児医療の設備が整っている

 双子は早産になりやすく、小さく生まれる場合が多いので、短期間であれ、NICUに入る可能性は高いです。

 必ず新生児医療の設備が整っている病院、できれば病床数も多い病院が理想でしょう。

・新生児科、小児科がある

 双子は単胎児よりも合併症や障がいを持って生まれてくる可能性も高いので、

 出産後もそのまま新生児科、小児科でフォローしてもらえれば安心です。

・双子の分娩数が多い、多胎専門外来がある

 全国的に限られてしまうかもしれませんが、

 双子の分娩数が多かったり、多胎専門外来がある病院なら、

 妊婦健診や出産時の安心感が違います。

・通いやすさ

 妊婦健診や出産時に行きやすいところ、また、産後しばらくNICUに通うことになるかもしれないので、

 自宅や里帰りの実家から通いやすい場所がよいでしょう。

・バースプランが選べる

 ここまでいくと双子妊娠なのに贅沢な、と思ってしまいがちですが、

 どのような環境で出産を迎えるのか、自分で選択できることは重要です。

 病院によっては、双子の場合問答無用で帝王切開しか選べないところもあります。

 タレントの東原亜希さんは、双子でも出産スタイルを自分で選べる病院を見つけるのに

 時間をかけていくつもの病院を探して、最終的に希望に合った病院が見つかったそうです。

 私たち一般人にはなかなか真似できないことではありますが、中にはそういう病院もある、ということです。

個人病院で産める場合も

比較的リスクの少ない、二絨毛膜性の双子の場合には、個人病院で受け入れられる場合もあるようです。

ただし、その場合も、何かトラブルがあった際には、設備の整った医療機関を紹介してもらえるか、

常に連携が取れているか、確認する必要があります。

 

我が家の体験談



スポンサーリンク


双子の妊娠、出産については、他の記事でも詳しく述べていますが、

→お腹の子どもが双子を分かった時の心境

→双子出産記録―29週で緊急帝王切開

ここでは病院選びについて詳しく書いていきます。

もともと重視していたポイント

双子妊娠発覚時、上の子が1歳3か月くらいでした。

なので、

・出産は里帰りで実家の近くの病院

・入院中上の子が遊びに(あるいは泊りに)来られるように、個室のあるところ

・(二人目の余裕から)お祝い膳や、ご飯がおいしいところ

なんて、今思うとのんきすぎるポイントで、大き目の個人病院に決めていました。

最終的に選んだ病院と感想

双子妊娠を踏まえての病院選びでは、選択肢は3つありました。

・上の子を産んだ私立大学病院

・お産に定評のある総合病院

・周産期から小児科を包括する国立病院

私の場合、3番目の国立病院が、実家から一番近く、全国的にも有数の病院であったため、

ほぼ迷う余地はありませんでした。

多胎専門外来もあり、毎回の健診もかなり時間をかけて行われました。

 

結果的には、29週で早産し、NICU(GCU)合わせて2か月入院しましたし、

今も定期的に発達外来で発達をフォローしてもらっています。

本当に、ここの病院で出産できてよかったと思っています。

 

ちなみに、上の子の大学病院は、いわゆる病院食で、本当に質素でひもじい思いをしたものですが(苦笑)、

双子の病院は、大人は妊婦しか入院していないこともあってか、毎回おいしいお食事がいただけました!

 

自分の希望よりも、赤ちゃんの安全を

お腹の赤ちゃんが双子と知る前は、

設備がきれい、焼き立てパンが食べられる、なんてポイントすらありえた病院選びも、

下手をすると、「双子は必ず帝王切開」という病院しか選べないかもしれません。

妊娠生活や出産が、「こんなはずじゃなかったのに」と、

がっかりしていらっしゃるかたもいるかもしれません。

ですが、双子を妊娠、早産して思うのは、やはり、

「赤ちゃんが無事に生まれること」

だけが、

唯一

大切なことであって、

自然分娩で産みたいとか、おいしいご飯が食べたいとか、

そんなことは、二の次三の次、ということです。

私も本当は、経膣分娩で産みたかったですが、

そんなことでくよくよする必要はありません。

 

もし、希望に合わない病院しか選べなかった場合も、

「赤ちゃんが無事に生まれること」だけ

満たされれば万々歳だということを、

産後しばらくたてばそのような気持ちになれる、ということを知っていただければと思います^^

 

 



スポンサーリンク