スポンサーリンク

最近、双子が増えているそうです。
日本では、全体の出生率は低下の傾向にありますが、
双子だけは倍増しているというのです。
実際に有名人でも、
杏さんと東出昌大さん夫妻や、
ディーンフジオカさん、
郷ひろみさんや、ダイアモンドユカイさんもお子さんが双子です。
海外ではグラミー賞のビヨンセさんも双子妊娠中と最近話題になりました。


スポンサーリンク

双子が生まれる確率は?

双子を妊娠する確率はどのくらいなのでしょう。
そして、どのくらい増えているのでしょうか。

双子の出産率は一卵性では世界全体であまり変わらず、
1000の出産に対し4組程度です。

二卵性は人種差があり、多い順に黒人、白人、東洋人となります。
海外に双子だらけの村がある!なんて聞いたことのある人もいるかもしれませんが、
アフリカのナイジェリアでは20の出産のうち、1組が多胎妊娠(同時に2人以上の妊娠)だそうです。

日本では1975年頃では1000の出産に対して双子は6組
一卵性が4で、二卵性が2という割合が長く続いていました。


しかし、1977年以降少しずつ上がりはじめ、
1987年ごろから急上昇し、
2003年には双子全体の出産率は1000分の11組になりました
これは、不妊治療の普及
また、母親の年齢の高齢化の影響と考えられています
(どちらも二卵性の双子が生まれやすくなる)。
1000の出産に対し、6から11になったということは、倍増していると言えます。
このうち、一卵性が4というのはほとんど変わらず
増加した7が二卵性に当たるそうです。

もちろん、二卵性の双子のすべてが不妊治療や、親の高齢の結果ということではありませんので
くれぐれも誤解なさらぬよう。

 

確かに双子は増えていることがわかりました。
全体の出生率は下がっているのですから、
産まれてくる赤ちゃんのうちの双子の割合は増えているということになりますね。
それだけ、双子ベビーカーなどのグッズも充実するということなので、
個人的には嬉しい話です。


スポンサーリンク